ことばのおと 〜さがちゃんの生きてる記録

自分だけの仕事を探して農業したり、NPO勤めたりしたけどなにも見つからず。だったら、なんにもなれないまま生きてみようかと。

人んちの家事しに行く

 

昨日また食堂のおばさんしてきて、

あー、なんか人んちの家事しにきてる感じするなって

ふと思った。

 

料理って家事だな、私にとって。

そんで家事は嫌いじゃない。

好きな音楽聴きながら動けるの気分いいし、

頭からっぽにしてただ動けるのもいい。

瞑想とか散歩とか、そういうのに近い感じ。

洗濯物たたんだり、アイロンがけしたりする時間みたいに、

ただ一人で黙々と、静かにやってられるのが今の食堂のいいとこだ。

 

そんで、そこで完結してるからほんとは誰も食べに来なくていい。

料理終わったら帰ってもいいわくらいの気持ちでやってるな。笑

 

 

でも、ほんとは料理の仕事するなら、こういうの ↓ がよかった。

なんかかっこいいから。

 

◯フレンチとか和食とかパティシエとか、そういう専門的な感じ

◯心地よい空間つくって、珈琲とケーキですてきな時間過ごしてもらう

◯うまいカレーだのラーメンだのパンだの、突き詰める

 

ほんとはこういうの憧れてた。

でも、自分はそんな風にやっても続かないことも知ってた。

 

 

憧れがあったから、卑下もあったのかな。

自分の料理なんてどうせ家事ですすいません、みたいな。

 

 

※食堂のおばさんなんてどうせどうせ言ってる記事

sagawatomomi.hatenablog.com

 

もう、私の料理は家事でもいいわ。

よし言えた。

 

 

大量に玉ねぎ刻んでにんじん切って、

大鍋いっぱい20人分くらいのカレーつくって

それがちょっとずつ減ってって

ちょうどよく空っぽになるのとかもすごくいい。

家事レベルのカレーなんて、どうやったってそれなりにつくれるしな。

そんなことしか考えなくていいから、食堂の仕事やっぱりちょうどいい。笑

 

 

食堂のおばさんする中で、いろんなこと実験しまくって

早くやめようやめようみたいなとこもあったけど、

なんか嫌いじゃないのわかったし、好きでやってるとこもあるな。

 

やっぱりも少し食堂のおばさんやろう。

別にやめたいって今思わないし、

どうせ暇だし、

頭空っぽにできるし、

仕事終わりのビールはおいしいし、

毎月8万5千円入ってくるしな。

あれ?なにも文句ないな。笑

 

 

まー他にもっとやりたいことできたら、またその時考えよう。