ことばのおと 〜さがちゃんの生きてる記録

「自分」という場所で、起きたことを綴っています。

業務外サービスやめました

 

出勤もいやだった寮の食堂のおばさんの仕事を

ちょっとでも楽しくしたくて、

スピーカー持ち込んで音楽かけることを始めたけど、

結局、ケルト音楽をかけても、洋楽をかけても、松任谷由実をかけても

誰からもなにも怒られることもなく、

今日は何の曲ですか?と、むしろ楽しみにされるようになった。

それで、遠慮せず大音量でかけるようになった。

 

おー。

いいのか、自分の好きな曲かけても。

(さすがに、チップチューンとか趣味すぎる音楽はかけないが)

 

 

 

それでもう、

食堂のおばさんでもうブログ書くような話もないかな、

と思ってたけど、まだあった。

 

いつもいつも

イラっとしてしまうことがあった。

 

 

 

 

 

 

それは、最後に食堂に食べに来た人が、

テレビを消さずに帰ること。

(自分が最後かどうかはわかる、という状況) 

 

 

消していけやーーーーーーーー!!!!!!!

(# ゚Д゚) ムッカー

 

 

 

と毎度毎度思ってたな。笑

ときどき、あっ!(テレビついてる!)とか声が漏れてしまって、

何ですか?と訊かれて、テレビ消してってもらっていいですか?

ってやりとりをしてた。

 

顔がこわい人には言わなかったけど、

やさしそう、この人なら言えそうって人には、

すいませんテレビ消してってもらっていいですか?

とか、そういうやりとりもしてた。

 

そして、

なにも言わずとも消して帰ってくれる人には一目置いてた。笑

 

 

 

食堂のおばさんは

あったかくておいしいごはんを出す。

厨房は掃除する。

 

けど、自分らでつけたテレビは消してってほしい。

それは業務外だと思っている。

 

最後食べに来た人がいなくなってもついてたら

私が消してたけど、

リモコンをテレビからいちばん離れたテーブルに置いて帰るとか

そういう意地悪をしてた。笑

 

食堂のおばさん始めた頃は、

お母さん的な心を発揮して「もう仕方ないわね」と消してたけど、

それもなんだか無理になってしまった。

 

 

 

 

それで、今日も最後の人が消して行かなかった。

 

消せや!(# ゚Д゚) ムッカー

 

だったけど、今日はなぜだか発想の転換ができて。

 

 

そうか、私が消さなきゃと思ってるから嫌になるんだ。

イライラするんだ。

だから、私も消さずにそのままにしよう。

それやってみよう。

 

 

 

 

ということで、今日はテレビ消さずに帰った^^

知らんしと思って帰った。

食堂には人の出入り自体はあるから、誰かが消すだろう。 

 

 

 

これでどうなるか、しばらく様子見る。

怒られたら、またその時考えよう。