ことばのおと 〜さがちゃんの生きてる記録

「自分」という場所で、起きたことを綴っています。

はやおの出張みやげがいらんものだった

 

はやおは会社の出張で

昨日今日と、神奈川に行っていた。

場所まで書いていいかとうっかり断りをいれたら

「じゃあダメ」と言われたので

ずばりの場所は書けないけど、有名な温泉地だ。

 

↑ ↑ ↑

断らないで書く方が煩わしくなくていいけど

一応、普通の会社員なので

どこまで気を遣えばいいのかわからない・・・

から念のため訊いている。

 

 

それで、

はやおが研修とか出張で遠出するときは

お土産買ってきて!と頼んでいる。

 

単純に土地のものを食べることが好きだし、

はやおのセンスも知ることができて、楽しみなのだ。

 

 

そんでまあ

今日はやおが帰って渡されたのは

籠清のかまぼこと、ご当地っぽいよくありそうなお饅頭。

 

 

私は、籠清のかまぼこだけうれしかった。

ヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーいウレシー だった。

 

 

ご当地っぽいお饅頭は 

f:id:sagawatomomi:20181205212036j:plain・・・いらん・・・・

 

で、コイツ適当に買ってきやがった!と思った。笑

 

 

なんというか、

もらって全くテンションが上がらない。

柏屋の薄皮饅頭の方がどう考えたっておいしそう。

( ↑ 地元、福島県の銘菓)

 

 

正直、またこんなん買ってこられても困るので、

このお饅頭はうれしくない。

もう買ってこないでねと勇気をもって伝えた。

 

 

そしたら、ひどいよーとかブーブー言ってたけど・・・

 

 

でも、食べたらおいしいかもしれんと

淡い期待をして、開けて食べてみたけど

やっぱりイマイチだった。笑

流石にひどいかと思って、おいしくないとまでは言わず、

うん、まあまあ、と言って食べた。

 

 

案の定、はやおにお饅頭を渡したら

「さがちゃん、これおいしくない」

と言ってたので、私が思ってることが

はやおの口から出た感じがした。

 

 

お土産を買ってきてくれるのは

はやおの好意だけど

もらってうれしくないものまで

喜ぶ必要ないよね。

 

好意なの知ってるし、そこはうれしいから

これいらんていうの勇気いるけど。

(はやおの好意まで否定したいわけじゃない)

 

 

そして私は

ブーブー言うだけのはやおを見直す。

(言っても、その場でちょっと言うだけだし)

 

 

本気でムッとされて

せっかく買ってきてやったのに!

とか言われたら、どうしよう。

気を悪くしたら、どうしようと思う。

 

でも、そういう風にならないなんて

器が大きい。すごいと思う。

 

 

 

 

・・・・・・

 

さて、今度から

お土産を指定すべきかどうか、それが問題だ。