ことばのおと 〜さがちゃんの冒険

なんか生きづらいけど、それでも大丈夫だったと知ってゆく。そんな冒険。

がっかりな自分に、さらにがっかりしたくないから

 

これから書くのは

なんでお金で失敗した話なんて書いて載せるの?という話です。

(別に誰に訊かれたわけでもないけど、書きたくなったので書いてます)

sagawatomomi.hatenablog.com

 

 

 

 

昨日の夜から今朝の昼頃まで

悶々と悩んでいた。

 

昨夜夜遅くに

お金で失敗した話を書き上げたはいいものの

FBでシェアするのが怖かった。

ちょっと気持ち悪くなるくらい怖かった。

 

お金で失敗したことは

もともと年末に書きたいとは思ってたけど

昨日書くつもりはなかった。

 

でも、書いちゃったのだ。手が。

あらあらあら、と

止める間もなくできていたのがあの記事で。

 

 

20万の失敗したこと、みんなに言うの?

えー・・・・・・

それはちょっと、かなりこわいことで。

 

バカに思われるとか、信用をなくすとか、失望されるとか

一応、なんでこわいか理由は並べられるけど

もっと、説明できないこわさがある気がした。

 

 

 

 

そんなわけで昨夜書き上げたはいいものの

珍しく、寝る前にFBで宣伝できなかった。

 

いつもなら、寝る前に書き上げたらFBでシェアして

翌日起きた時に、いいね!見るの楽しみなのです。

あ、この人も読んでくれたんだ〜^^って顔が浮かぶのだ。

 

 

 

 

今日の午前中も悩む悩む。

 

グーグルで「20代 お金 失敗」とか検索ワードにいれて

調べて「あ、意外とみんな失敗してる」とセルフなぐさめ。

 

でも、そんな記事いくら読んでも

FBの「投稿する」ボタンを押せなければ意味はなく。

 

 

 

 

 

  

 

 

・・・でも、押しちゃった (・ω<) てへぺろ

 

どうしようどうしようこわいこわいこわい・・・

って、前にも後ろにも進めないところに

いつまでもいるのも辛かった。

 

 

 

 

 

で、なんでそこまでして

そんなけったいな記事投稿するのかって言ったら

ただ単に、手が書き上げちゃったからである。

 

それは頭で何か考えて書くというより

身体が動いて書いてくれた、という感じ。

 

 

で、そんな記事をお蔵入りさせるような

そんな裏切りを自分にしたら

私は今度こそもう何も書けないかもしれないし

何も思いつけないかもしれない。

周りにどう思われるかより、そっちの方が怖かった。

書いてくれた手の機嫌を、どうしても損ねたくなかった。 

 

 

 

 

うん。

ただでさえ自分なんてがっかり感満載なのに

今更それをちょっと誰かに見せたところで

自分ががっかりなのは、きっと何も変わらない。

 

 

というわけで

記事お蔵入りさせて、自分で自分にがっかりするより

やっぱりこの人バカだと誰かに思われる方が

まだマシなので公開に踏み切ったのでした。