ことばのおと 〜さがちゃんの冒険

なんか生きづらいけど、それでも大丈夫だったと知ってゆく。そんな冒険。

思いついたことを思いついた順にやるのが楽しい

 

今日は、はやおと腕時計屋さん巡りをした。

 

 

24日の今日は、二人とも仕事がお休みで予定がなかった。

 

何かしたいことある?(付き合うよ、の意)と

前日はやおに訊かれ、うーん特に思いつかないと答えたら

じゃあ俺、腕時計見に行きたいとなったのだ。

いいよっとそれに付き合った。

はやおは機械式の腕時計が大好きなのだ。

 

 

新宿伊勢丹のメンズ館時計売り場 から始まり

伊勢丹本館の時計売り場

→吉祥寺のKnotの工房

→吉祥寺東急の時計売り場 で終わった。

 

腕時計尽くしの一日だったけど、けっこう面白かった。

吉祥寺ではたい焼きも食べられたし。

つき合う代わりに本1冊買ってって言ったら買ってくれたし。

f:id:sagawatomomi:20181224210512j:plain

たい焼きLove

 

そして1ヶ月前にこんな予定組まれてたら

ちょっと辟易するけど、こういうのはノリだ。

前日に決まるから、ある意味行けるのだ。

 

 

 

 

と、ここまで書いて、父のことを思い出した。

父もよく前日に「明日は(1泊で)温泉に行くか!」とか言い出して

家族全員が、えええ〜!とか驚いてるのを横目に

ネットで宿を調べ、その場で電話予約を入れ

突然、家族旅行が決まったりしたものだ。

 

父の行動に、子どもながら結構びっくりしてたけど

今ならちょっとわかるな〜と思うところもあり。

 

 

というか

下手に予定をいれるとかえって動きづらい

というのがわかるようになってきた。

 

「◯月△日 ▼時 ☆☆に行く」とか

スケジュール帳に書いてあると

めんどうな予定はもちろん、楽しみな予定でさえ

ちょっと負担に感じてしまう。

 

↑ 楽しみな予定は、楽しみなことに変わらないけど

「その日はそれをしなければならない」ということに負担感を感じるのだ。

身も蓋もないけど・・・

 

 

 

思いついたことを

思いついた順にやるのがいちばん楽しいんだよ

そしてそれに他の人を付き合わせてもいいんだよ 

 

 

って、私は父に教わったのかもしれない。

 

家族の驚く姿を見てる父とか、電話で宿の予約を入れる父とか

なんだか楽しそうだったし。

 

そしてなんだかんだ、旅行は楽しかったし。

 

 

 

あー本当に

仕事も何もかも、全部ノリでやりたいなあ。

やれてる時もなくはないけど、もっともっとやれたらなあ。

 

 

体は疲れてもいいけど

気持ちが疲れないのがいちばんいいなあ。