ことばのおと 〜さがちゃんの冒険

なんか生きづらいけど、それでも大丈夫だったと知ってゆく。そんな冒険。

私、何にイライラしてんの?

 

昨日は食堂の営業時間を過ぎても

御膳を下げてこないお客様にイライラしていた。

 

 

あ、まだゆっくり食ってる!

あ、テレビ見て手止まってる!

いい加減にせんかい!

 

と、洗い場でブツブツ独り言。

 

 

ちょっと頭を冷やそうと思ってゴミ出しに行ったけど

戻ってきても、お客様はテレビを観つつゆっくり食べていた。

 

 

営業時間過ぎてんだから、さっさと食えや!

テレビ観てんじゃねええ!

それとも私の時給、あんたが出してくれんのかい?

 

 

イライラしすぎて

プラスチックの小皿を流しに叩きつけたら、バチコンと音がした。

 

うっかりお客様に振り向かれてしまったけど

知らんふり、知らんふり。

 

一瞬、スッとしたけど

またイライラゲージは溜まっていく。

 

 

 

で、ついに意を決して声を出した。

 

 

「下げてもらっていいかい?」

 

って、それ言っただけで、あら?

イライラどっかいった?

 

 

 

 

私の声が届いたのか、お客様はすぐ下げる動作に入られた。

すぐ行動してもらったこと自体はありがたかったから

どうもね!(*^-^)ノ  というジェスチャーを送る。

 

そして、ごめんね、という顔をして御膳を下げてこられた。

その顔を見て、つい私もニコッとしてしまう。

お互い何も言わなかったけど、その表情で言葉を交わした。 

 

 

 

お客様は自分が観てたテレビもちゃんと消してって

私の溜飲はぐぐっと下がった。

 

 

 

 

と、

私は、御膳を下げないお客様にイライラしてたのか?

お客様に何も言えない自分にイライラしてたのか?

よくわからなくなった。

 

その両方かもしれないけど。

 

 

 

お客様に営業時間、気にしてほしいんだなあ、私。

もっというと

「私のこと、何も言わなくても気にかけてよ!」

ってそんな叫びがある。

 

あんたらの食器さっさと洗いたいんだけど!

そんで家帰って、自分のメシつくりたいのよ!

だから、さっさと下げ〜!

 

↑ これ、何も言わなくてもわかってほしい。笑

 

 

叩きつけた小皿には悪いことしたけど

そのくらいしても、思い出してほしかった。

その時は単にイライラしてやったことだと思ったけど

私はやっぱり、相手の注意を引きたかったのかもしれない。

 

 

 

そして、なにも言わなくても気にかけてほしいけど

忘れられたら、思い出してもらったらいい。

そして、私だってよく忘れるじゃんか!←

 

そろそろ下げてね〜ってすぐ言ったらよかった。

忘れられて腹立つってとこにいてもいい。

でも、ちゃんと思い出してもらえるように行動してもいい。

 

  

 

そんで今回はごめんねって顔されてホッとしたけど

別に嫌な顔されたっていいじゃない。

とにかく下げてもらえさえすれば!

よくない、怖いよ〜・゚・(ノД`;)・゚・

 

 

 

 

あんたらの食器さっさと洗いたいんだけど!

そんで家帰って、自分のメシつくりたいのよ!

だから、さっさと下げ〜!

 

あ〜そういうのが

直接パッと言えたらすごいストレスないな。

まあ、こんな直接的な言葉じゃなくていいけども。

 

 

なんか、お金もらってると思うと言えなくなる感じもある。

私、お金に対してどんな思い込みあるんだろ。

なんか不条理なことも我慢しないといけないと思ってるのか。

 

 

 

まーまー

今度は営業時間過ぎたら

即!「おーい、そろそろ下げてね〜」言ってみよう。

何も言わなくても気にかけてほしいけど

忘れられちゃっても、声かければいいと思えてたら楽だ。

呪いの言葉も吐かなくて済む。笑

 

 

 

あ〜食堂、やめるやめる言ってるけど

やめる前にもっと気楽にやりたいなあ。

 

気楽にやろ〜。